前へ
次へ

一流のスポーツ選手になりたいのであれば

スポーツ選手は、当然ながら普通に生活している人よりもエネルギーの消費量が大きいです。
そのため食事はとても重要であり、選手生命を左右します。
普通に生活している人と同じような食生活を送っていては、一流の選手にはなれないです。
スポーツ選手はもちろん、将来プロを目指している人も食事の知識はしっかり持っておくことが求められます。
プロを目指すなら、1日に2500キロカロリーから5000キロカロリーほど摂取するようにしたいです。
しかし、とにかくたくさん食べればOKなわけではありません。
何をどれぐらい食べるかを知ることが最も重要です。
普通に生活している人と同じように、1日3食を規則正しく食べることも基本になります。
朝食を抜くのはもってのほかです。
逆に、スポーツをしていない人が毎日2500キロカロリー以上ものエネルギーを摂ってはいけません。
消費できないからです。
適切なカロリー数を知ることが重要になってきます。

Page Top