前へ
次へ

女性ホルモンを増やす食材を料理に取り入れています

40代後半になり、女性ホルモンのバランスの乱れを感じることが多くなりました。
そこで、女性ホルモンを増やすために、食事から見直してみることにしました。
インターネットでたくさんの情報を調べてみたところ、大豆に含まれているイソフラボンが、エストロゲンに似た働きをすることがわかりました。
そこで、毎日の食事の中で大豆製品を積極的に取り入れています。
納豆や豆腐、大豆の水煮などを料理に加えるのはもちろんのこと、お味噌汁を飲んで味噌からも大豆イソフラボンを摂取しています。
また、40代以降の女性はビタミンEを摂取することも大切だと知ったので、かぼちゃやアーモンドなども意識的に食べています。
アーモンドは小腹が空いたときや、ちょっとしたおやつとしても取り入れやすいので、無理なく食べ続けることができます。
もちろん、インターネットでは女性ホルモンを増やす食材だけではなく、それを使ったレシピも紹介されています。
大豆製品を使った料理を知りたいときや、いつもの献立に飽きてしまったときに役立てています。

Page Top